SQL Serverのテーブル構造変更

データベース開発中、もしくは仕様の変更で列(カラム)の仕様を変更が必要になることがあります。

仕様の変更をする場合は必ずテーブルをバックアップしてからにしましょう。

痛い目に合うかもしてませんよ。

 

ごくわずかなテーブル構成変更であれば、SQL Server Manegement Studioでするほうが簡単ですが、できればSQL文での変更をお勧めします。

何故かと言うと、変更の仕様をテキストで保存できるので変更履歴を管理できるからです。

テーブルに列(カラム)を追加

USE データベース名

ALTER   TABLE   テーブル名  ADD
    追加する列名1   型(桁数),
    追加する列名2   型(桁数)

USEでカレントデータベースを変更して、ALTER TABLE ADDで列(カラム)を追加します。

このSQLを実行すると、テーブル(テーブル名)に列(追加する列名1と追加する列名2)が追加されます。

列(カラム)のデータ型と桁数を変更

USE データベース名

ALTER   TABLE   テーブル名  ALTER
    COLUMN 変更する列名 型(桁数)

USEでカレントデータベースを変更して、ALTER TABLE ALTERで列(カラム)のデータ型や桁数を変更します。

このSQLを実行すると、テーブル(テーブル名)の列(変更する列名)が「型」と「桁数」に変更されます。

テーブルの列名を変更する

USE データベース名

EXEC sp_rename
    'テーブル名.列名','変更後の列名','COLUMN'

USEでカレントデータベースを変更して、EXEC sp_renameで列(カラム)の名前を変更します。

このSQLを実行すると、テーブルの列(テーブル名.列名’)の名前が(変更後の列名)に改名されます。

テーブルの列(カラム)を削除する

USE データベース名

ALTER   TABLE   テーブル名  DROP    COLUMN
    削除する列名1,
    削除する列名2

USEでカレントデータベースを変更して、ALTER TABLE DROPで列(カラム)を削除します。

このSQLを実行すると、テーブル(テーブル名)の列(削除する列名1と削除する列名2)が削除されます。

SQL初心者におすすめの教材

Sql Server2016の教科書SQL文を分かりやすく解説している教材で、SQL文初心者におすすめの教材です。

>> この教材を楽天市場で見る <<

コメントを残す