SQL Server ワイルドカードであいまい検索

あいまい検索って?

よく知られている検索エンジン、GoogleやYahooの検索と同様に検索ワードと完全一致ではなく、どこかに検索ワードを含む検索の仕方です。

SQL Serverではワールドカードと言われている「%」とLIKE句を使用することで可能になります。

検索ワード前方一致

SELECT
        *
    FROM
        テーブル1
    WHERE
        列1     LIKE    'ミッキー%'

列1の値の先頭に「ミッキー」と一致する行(レコード)を検索します。

検索ワード後方一致

SELECT
        *
    FROM
        テーブル1
    WHERE
        列1     LIKE    '%ミッキー'

列1の値の最後尾に「ミッキー」と一致する行(レコード)を検索します。

検索ワードがどこかに一致

SELECT
        *
    FROM
        テーブル1
    WHERE
        列1     LIKE    '%ミッキー%'

列1の値のどこかに「ミッキー」と一致する行(レコード)を検索します。

 

例としてSELECT句で紹介しましたが、他のSQL文でもLIKE句とワイルドカード「%」は使用できます。

SQL学習におすすめの教材

Sql Server2016の教科書SQL文を分かりやすく解説している教材で、SQL文初心者におすすめの教材です。

>> この教材を楽天市場で見る <<

コメントを残す