自宅でできる洗車|ワーックス・コーティングのリセット

ワーックスやコーティング剤の大半が、重ね塗りを繰り返すたびに艶や光沢が増すと言われています。

しかし、劣化等によりコーティング塗膜の変化が発生している場合は重ね塗りはボディーに悪影響を与えます。

そのような場合は一度、コーティング剤を完全に剥離してから新たな保護剤を使用しましょう。

又、コーティング剤を変更する場合も同様に一度リセットしてから新たにコーティングすることが必要です。

水洗いで汚れを落とす

できるだけ高圧の水で全体の砂ぼこりや汚れを出来るだけおとします。これは後の作業での傷防止にもなります。

タイヤハウス、ホイール、タイヤ等も念入りに洗浄しましょう。

この時に用意したいのが、高圧洗車機です。

ケルヒァ時間短縮もですが、関心するほど汚れを落とすことができます。

家庭ではハイエンドモデルまでは必要ないでしょう。

音が気になる場合は静音タイプもあります。

ミニバン等の背高車には是非、足場も用意しましょう。

多目的はしご

多機能アルミはしごです。

天板も付属しているので上ったまま横方向に移動できるので作業性が上がります。

またコンパクトにたたんで収納することができます。

ケミカル剤でコーティング剤を剥離

シェアラスタークリーナーシャンプーコーティングの剥離にはシュアラスタークリーナーシャンプーを使用します。

原液を綺麗なスポンジにしみこませて軽くボディーをなでるだけで、古いコーティングを落とせます。

泡切れもいいし、使い易いカーシャンプーです。

汚れが気になる場合は2度洗いもお勧めです。

それでも、汚れがきになる場合はピッチクリーナーやコンパンドで対応します。

 

以上で古いコーティングは剥離できていると思います。

後は鉄粉除去や傷等を落としてお好みの保護剤を塗布して下さい。