SQL Server レコードの表示・追加・修正・削除

テーブルの内容を表示、追加・修正・削除を行うSQL文です。

又、特定行(レコード)に絞り込んで操作を行う方法も紹介します。

行(レコード)の表示

テーブルのすべての行(レコード)、全ての列(カラム)を表示する。

USE データベース名

SELECT
        *
    FROM
        テーブル名1

「データベース名」に所属する「テーブル名1」の内容を全て表示します。

テーブルの任意の列と行を抽出して表示する。

USE データベース名

SELECT
        列1,
        列2
    FROM
        テーブル1
    WHERE
        列1 =   100

テーブル1の列1と列2を内容を表示しますが、列1が100の行のみを表示します。

テーブルの行(レコード)を追加する

値を使用して追加する。

INSERT  INTO    テーブル1
(
    列1,
    列2
)
VALUES
(
    101,
    'ミッキー'
)

テーブル1に列1が「101」、列2が「ミッキー」の行が追加されます。

他テーブルの内容を追加する。

INSERT  INTO    テーブル1
    SELECT
            *
        FROM
            テーブル2

テーブル2の内容を丸ごとテーブル1に追加します。

この場合、テーブル1とテーブル2の列定義が同じことが条件になります。

INSERT   INTO    テーブル1
(
    テーブル1.列1,
    テーブル2.列2
)
(
    SELECT
            テーブル2.列1,
            テーブル2.列2
        FROM
            テーブル2
        WHERE
            テーブル2.列1    >   100
)    

テーブル1を列1が100より大きい行に絞って列1と列2をテーブル1に追加します。

お気づきでしょうけど、列1と列2は双方のテーブルに同じ名称が存在するので、「テーブル1.列1」と修飾しています。

テーブルの列の値を変更する

全て行(レコード)を対象にする。

UPDATE  テーブル1
    SET 列1 =   100,
        列2 =   'あいうえお'

テーブル1の全ての行を対象に列1の値を「100」、列2の値を「あいうえお」に変更します。

特定の行(レコード)を対象にする。

UPDATE  テーブル1
    SET 列2 =   'あいうえお'
    WHERE
        列1 =   100

テーブル1の列1が「100」を持つ行(レコード)を対象に列2の値を「あいうえお」に変更します。

デーブルの行(レコード)を削除する

全ての行(レコード)を削除対象にする。

DELETE
    FROM
        テーブル1

テーブル1の全ての行(レコード)を削除します。

テーブルの特定の行を対象に削除する

DELETE
    FROM
        テーブル1
    WHERE
        列1 =   100

テーブル1の列1の値が「100」の行(レコード)を削除します。

SQLを学ぶ教材

Sql Server2016の教科書SQL文を分かりやすく解説している教材で、SQL文初心者におすすめの教材です。

>> この教材を楽天市場で見る <<